ホーム > Special > 【連載】国際結婚のメリット/世界で婚活して結婚したおはなし。vol.3

【連載】国際結婚のメリット/世界で婚活して結婚したおはなし。vol.3

結婚はいつかしたい…でも、婚活がうまくいかない!
そんな悩みをもっているあなた。
ちょっと視点を変えて、お相手探しをグローバルにしてみたら…

世界婚活をし、フランス人男性と結婚したラブジャーナリスト中村 綾花(なかむら あやか)さんによる、恋愛や結婚の勇気をもらえる連載(計5回)。

第3回は「国際結婚のメリット」です。

<過去記事>

第1回:【連載】日本の婚活に行き詰まって世界で婚活してみた/世界で婚活して結婚したおはなし。vol.1

第2回:【連載】世界婚活で気がついた「結婚」において一番大切なこと/世界で婚活して結婚したおはなし。vol.2

不安以上にメリットを感じた「国際結婚」

前回まで、私が世界婚活なるものをやってみて発見した大切なことを紹介してきました。今回からはその世界婚活の結果、フランス人パートナーと出会って国際結婚に至った体験をもとに、「国際結婚」って実際どんなものなのかにスポットをあててみようと思います。

フランスに住んで10年近くたちますが、当初は長い海外生活が自分にできるだろうか? 国際結婚はうまくいくだろうか? 言葉の問題はどうなるだろう? 等々、色々な疑問や不安がありました。

でも実際にやってみると、不安以上に楽しいことやメリットも数多くあることがわかりました。そのメリットとは具体的にどんなものなのか、いくつか取り上げてみます。

世界規模に広がる出会いの数

国際結婚を視野にいれると、出会いの可能性が世界規模に広がります。日本で良い出会いがない、従来の結婚というスタイルや価値観に興味がないと思っている人であっても、日本の外に出れば自分に合うパートナーや、日本でいう『結婚』スタイル以外の形が見つかる可能性が増すのです。

「恋愛のガラパゴスから抜け出す。ガラパゴス化した『結婚』のプレッシャーから抜け出そう。日本に相手がいなければ、世界で探せばいい」これは私が書いた世界婚活の本のサブタイトルにもなっている言葉です。

世界で婚活だなんて、なんだかものすごく大げさなことに聞こえるかもしれません。でも、私自身やってみたら日本で結婚相手を探し続けるよりもずっと簡単で自分に合った選択だったと実感しています。

私は最終的にフランスを選んでフランス人男性と結婚して暮らしていますが、それぞれの人に合う国、合う人、合う文化、そしてご縁というのがあると思います。ちなみに、私はパリを訪れるまでは憧れや興味もさほどなかったのですが、実際にパリの街を歩いて観察して色々な人に出会ったことで 、この街に住んでみたいという強い思いをもつことになりました 。

2つの愛しい故郷

フランスに住み始めた頃、実は食や水や空気が合わずとても苦労をしました。今ではようやくフランスの食生活や環境にも身体が馴染んできているのを感じます。お酒が飲めない私はワインやシャンパンは楽しめませんが、やはりパンやチーズ、そしてパティスリーは日本以上に美味しいですし、のんびりとした気持ちでマイペースに過ごせるフランスでの暮らしが気に入っています。

一方で、フランスにはなく日本ならではの丁寧なサービスや温泉、そして美味しい日本食を恋しく思うようにもなりました。

自分の生まれた国である日本。そして最愛のパートナーと出会って暮らしているフランス。そのどちらにも素敵な点があって両方を楽しめるのは、両方の国に家族と生活があるからこそ。この贅沢を享受することができるのは国際結婚ならではだと思います。

自分を成長させてくれる、新しい価値観

国際結婚をして海外に住むようになると、それまで生きてきた日本とは全く違った価値観に出会います。例えばフランス・パリでは「自分は自分、他人は他人」という個人主義の傾向が強いという風に、です。

これは良くも悪くもあるのですが、良い方に作用していることをいうと、フランス人の旦那さんと出会い、フランスで生活していくなかで、日本にいた時よりも他人の目を気にすることが減りました。おかげで今は「私は、私。このままでいいんだ」と思えるようになり、ずいぶん生きやすくなったと感じています。(もちろん、わがままなパリジャンたちに腹が立つたつこともあるんですけどね)

日本では普通だったり「こうあるべき」と思いこんでいた価値観も、日本の外に出れば全くそうでないことが数多くあります。そんな価値観の違いに、それまでの視野の狭さに気づかされ、新たな視点や考え方を発見することができるのも国際結婚の醍醐味です。

以上、私が実感する国際結婚のメリットをあげてみましたがいかがだったでしょうか? 次回は国際結婚ならではの不安や大変さと、私なりの対処法について紹介してみます。

---------------------------------------
▼プロフィール 
中村 綾花(なかむら あやか)
ラブジャーナリスト、ライター。1980 年福岡県生まれ。県立長崎シーボルト大学(現・長崎県立大学シーボルト校)国際情報学部情報メディア学科卒。2010 年に「世界婚活」プロジェクトを立ち上げ、世界婚活の旅へ。2012 年、世界婚活中に出会ったフランス人と結婚し、現在はパリにてLOVEを調査中。その軌跡をまとめた『世界婚活』(朝日出版社)が好評発売中。日仏カップルや、現地のフランス人・日本人にインタビューをする日々。
---------------------------------------

世界婚活表紙_(1)_(1).jpg

○書籍『世界婚活』
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4255006946/toyokeizaia-22/

著:中村 綾花
定価:1,015円(税込み)
発行:朝日出版社

恋愛のガラパゴスから抜け出す。

ガラパゴス化した「結婚」のプレッシャーから抜け出そう。「日本に相手がいなければ、世界で探せばいい」と発想を大転換し、日本を飛び出した一人の女性がいた。アメリカ、韓国からバングラデシュ、モロッコ、フランスまで恋愛リサーチ&婚活の旅を続け、ついにパリでゴールイン。日本と世界の「モテ」はこんなにも違う。閉塞した日本の恋愛に大きな風穴を開ける若きラブジャーナリストの奮闘記。「これからのアイデア」をコンパクトに提供するブックシリーズ第6弾。

関連記事