ホーム > Business > 【ブライダルのお仕事に役立つマーケティング用語】アドネットワーク広告:アドネットワーク広告ってそもそも何?初心者でもわかる仕組みと特徴

【ブライダルのお仕事に役立つマーケティング用語】アドネットワーク広告:アドネットワーク広告ってそもそも何?初心者でもわかる仕組みと特徴

従来のインターネット広告は、広告媒体へ個別に出稿を依頼する必要がある上に、それぞれ出稿の仕方も違うなど、配信先の選定から管理・運用まで、手間がかかりすぎることが課題でした。

そこで登場したのがアドネットワーク。インターネット広告配信における手間を省力化しながらも効果を最大化できる利点が受け、今ではウェブマーケティングに欠かせない存在と言えます。ここでは、アドネットワーク広告とは何か、仕組みや特徴をやさしく解説していきます。

アドネットワーク広告とは

アドネットワークとは、複数の広告媒体(ウェブサイト、ブログ、SNSなど)を集めたネットワークを作り、ネットワーク内の媒体に広告を配信できる仕組みのこと。

アドネットワークとよく混同されるのがDSP(Demand Side Platform)ですが、アドネットワークは「複数の媒体をまとめた広告ネットワーク」、DSPは「複数の広告枠やアドネットワークをまたがってリーチしたい人にリーチしたい分だけ出せる手法」といったように、役割は大きく異なります。

アドネットワークには、Googleが提供する「Google Display Network」、Yahoo! JAPANが提供する「Yahoo! ディスプレイアドネットワーク(YDN)」、アイモバイルが提供する「i-mobile」、ファンコミュニケーションズが提供する「nend」など、多数のアドネットワーク事業者が存在します。それぞれ独自のネットワークを構築しており、アプローチできる層が異なります。主にどのような媒体に出稿できるのか、必ずチェックしておきましょう。

また、アドネットワークの利用を開始する前に知っておいていただきたいのが「アドフラウド問題」です。アドフラウドとは、不正な広告表示やクリックにより、無駄な費用が発生してしまう広告詐欺のこと。被害を減らすため各社対策を講じており、対策ツールを開発するなどしてアドフラウド排除に取り組んでいます。

アドネットワーク事業者を選ぶ際は、アドフラウド対策をしっかり行っているか、という点もチェックすることをおすすめします。

アドネットワーク広告の特徴

次に、アドネットワーク広告の特徴を確認しておきましょう。

  • 広告配信先: ウェブサイト、ブログ、アプリ、SNSなど
  • デバイス:PC、スマートフォン、タブレット
  • ターゲティング方法:インタレスト・トピックターゲティング、リターゲティングなどが可能
  • 課金方法:クリック課金、インプレッション課金、成果課金、インストール課金
  • フォーマット:テキスト、バナー(画像・動画)
  • 単価が安い

各アドネットワークによって、配信先、ターゲティング方法、課金方法、フォーマットは異なります。各社の特徴を比較し、目的や要望に合った事業者を選ぶようにしましょう。

また、アドネットワーク広告は広告在庫が多いため、安い単価で運用できる傾向にあります。少額からでも運用できるので、初心者でもはじめやすいウェブマーケティング手法のひとつです。

アドネットワーク広告のメリット

アドネットワーク広告を利用するメリットは大きく3つあげられます。

一度にいくつもの媒体に広告を配信できる

アドネットワーク広告の魅力は、なんといっても配信先の数の多さ。膨大な量の媒体に一括で広告が配信できるため、ブランドの認知度向上や見込み顧客獲得などの目的に大きく貢献します。結婚式場であれば、問い合わせの増加や、式場を検討しているユーザーへの認知拡大などが期待できます。

効果測定データを閲覧できる

効率的な運用をするためには、運用データの分析が欠かせません。アドネットワーク広告では、詳細なデータを確認できる上、データは第三者(アドネットワーク事業者)が測定しているので信頼性が高いのもポイントです。データをもとに最適化していくことで限られた予算を効果的に消化できるため、ブランディングから問い合わせ獲得まで目的に応じた費用対効果の高い広告配信が可能となります。

セグメント・ターゲティングの多さ

式場を検討しているユーザーが閲覧しそうなサイト・ブログに絞り込んで配信することや、行動ターゲティング(リターケティング)で、一度はサイトへ訪問してくれた確度の高いユーザーへの配信も可能です。このように、「配信する場所」や「配信する人」を詳細に設定することができるのが特徴です。
ターゲットを絞り込むことで、質の悪いクリックで予算を使い過ぎることを防ぐとともに、問い合わせやブライダルフェアの予約をより効率的に増やせる可能性があります。

まとめ

アドネットワークによって、従来よりもはるかに多くの人へ、それも安く・簡単にインターネット広告を配信できるようになりました。認知拡大からブランディング、問い合わせ獲得まで、目的に合わせて幅広く対応できるのがアドネットワーク広告の魅力です。

結婚式場の集客には、「実際に式場を探している人」だけでなく、「恋人がいる人」「婚活中の人」といったような「これからのお客さま」をいかに取り込むかも重要となるでしょう。ターゲティング設定やセグメントが行いやすく、表現を変えた広告の打ちやすいアドネットワーク広告なら、潜在ユーザーにも顕在ユーザーにも効果的な訴求ができると考えられます。

他のウェブマーケティング施策とうまく組み合わせれば、相乗効果も期待できます。まずは、各社の特徴を比較し、自社に合う事業者を見つけるところからはじめてみてはいかがでしょうか。

関連記事