ホーム > Business > 【ブライダルのお仕事に役立つマーケティング用語】コンテンツマーケティング:「見つけてもらう」マーケティング!?コンテンツマーケティングの真髄を理解しよう

【ブライダルのお仕事に役立つマーケティング用語】コンテンツマーケティング:「見つけてもらう」マーケティング!?コンテンツマーケティングの真髄を理解しよう

「コンテンツマーケティング」という言葉がよく聞かれるようになりましたが、「コンテンツマーケティングってどんなこと?」と改めて聞かれると、瞬時に答えられない方も多いのではないでしょうか?

この記事ではコンテンツマーケティングの概要や発展の経緯を俯瞰するとともに、実践のためのポイントをご紹介します。

「ブラックSEO」の終焉!?

今や自社サイトやブログなどのオウンドメディアを構築し、これらを用いて見込顧客を獲得するのは、ごく一般的なマーケティング手法となりました。多くの企業がマーケティングに活用すべく、オウンドメディアの運営に乗り出しています。

オウンドメディアのマーケティング活用において、第一の関門となるのは「集客」だといえるでしょう。どれだけ精魂込めて制作したサイトでも、ターゲットとする顧客に訪問してもらえなければ、全く意味がありません。

オウンドメディアへ顧客を誘導する方法はいくつかありますが、もっとも身近で、かつ効果的なルートはGoogleやYahoo!などの検索エンジンです。検索エンジンの検索結果で自社のメディアを上位表示させることができれば、労せずして多くの見込顧客を自社のサイトに集客することができます。

こうした事情を背景に、古くから検索エンジンの裏を読むような形で様々な「SEO対策」がおこなわれてきました。たとえば、「検索キーワードがたくさん含まれる方が上位表示の確率が高い」として、コンテンツとは関係の薄い人気キーワードを大量に埋め込んだページを作成したり、「外部サイトから多くリンクされている方が有利である」としてリンクファーム(※1)が幅を利かせたりするなど、いわゆるブラックなSEOが横行した時期がありました。

※1:リンクファームとは、SEO対策を目的に大量のページと相互リンクしているページのこと。現在では検索エンジンスパムと認識されています。

しかし、そうしたブラックなSEOによって中身の薄いウェブサイトが上位表示されてしまうと、検索エンジンは自社の顧客である検索ユーザーのニーズを満たすことができず、顧客離れを招きかねません。そこで、Googleをはじめとした検索エンジン各社が「ユーザーが本当に求める優良なコンテンツ」を高く評価する仕組みを取り入れはじめました。最近ではテキストマイニングにAIが用いられるなど、その流れはより加速する傾向にあります。

コンテンツマーケティングとは

こうした流れを受けてウェブマーケティング領域で注目を集め始めたのが、この記事のテーマである「コンテンツマーケティング」です。

コンテンツマーケティングとは、文字通りコンテンツを活用してマーケティングを展開すること。コンテンツという言葉の示す範囲は広く、ウェブサイト上の記事や画像、動画はもとより、企業が所有するパンフレットやカタログなどもコンテンツの一つとみなすことができます。ウェブマーケティングの世界では自社サイトやブログなどのウェブコンテンツに焦点を当てて語られることが多いようです。

なお、コンテンツマーケティングとよく似た言葉に「コンテンツSEO」というものがありますが、コンテンツマーケティングとコンテンツSEOは似ているようでいて、微妙に意味合いが異なります。

コンテンツSEOとは、自社のウェブメディアを検索エンジンで上位表示させるためにコンテンツを活用する手法。一方、コンテンツマーケティングは、コンテンツを軸として見込顧客との交流をはかりつつ、トータルでマーケティングを展開していくという概念です。どちらもコンテンツをマーケティングに活用するという点で共通していますが、施策の範囲が違うのです。「コンテンツマーケティングという大きな枠組みの中の一つにコンテンツSEOがある」と理解しておきましょう。

コンテンツマーケティング実践のポイント

コンテンツマーケティングでは、企業の側から一方的にマス広告を打って顧客にプッシュするのではなく、自社の見込顧客が求める情報をコンテンツとして準備しておき、見込顧客の側から自社を「見つけてもらう」というアプローチを取ります。このため、コンテンツマーケティングを成功させるためには、一にも二にも「顧客を深く理解する」ことが大切です。自社の見込顧客は誰なのか、どんな情報を求めていて、どんなルートで情報に至るかを明確にした上で、顧客のニーズに応えるようなコンテンツを整備していく姿勢が必要となります。

たとえば結婚を考え始めた若いカップルなら、最近人気のウェディングプランや流行のウェディングドレスに関する記事を読みたいと思うかもしれませんし、のっぴきならない事情で早急に式を挙げる必要のあるカップルは、挙式・披露宴に関する必要最低限の情報がコンパクトにまとまったノウハウ記事を読みたいと思うかもしれません。また、再婚カップルには子連れ結婚式に関するコンテンツが喜ばれるかもしれません。

コンテンツマーケティングを展開する際には、自社のターゲット顧客のペルソナ(※2)を設定した上でペルソナのニーズや行動を明らかにし、仮説・検証を繰り返しながらコンテンツの開発を進めていく必要があります。コンテンツマーケティングにおける細かなテクニックは多々ありますが、上述のような基本をきちんと押さえて取り組むことが、ブレることなく施策を進めていくための最大の秘訣といってよいでしょう。

※2:ペルソナとは、マーケティングにおいてターゲットを明確にする目的で設定される架空の人物像のこと。

まとめ

以上、コンテンツマーケティングの概要と実践する上で抑えておきたいポイントをご紹介しました。

コンテンツマーケティングは、今後のウェブを中心としたデジタルマーケティングにおいてなくてはならない重要なツールの一つです。ぜひとも本質を正しく理解した上で、効果的に活用してください。

関連記事