ホーム > Business > 【ブライダルのお仕事に役立つマーケティング用語】シェアードメディア:そもそも「シェアードメディア」って何?トリプルメディアを戦略的に使おう

【ブライダルのお仕事に役立つマーケティング用語】シェアードメディア:そもそも「シェアードメディア」って何?トリプルメディアを戦略的に使おう

デジタルマーケティングを語る際によく使われる「トリプルメディア」という言葉。最近はトリプルメディアに「シェアードメディア」を加えた「PESOモデル」という言葉も聞かれるようになりました。今回は、トリプルメディアの概念についての解説から、それぞれのメディアについての基本をご紹介します。

基本の基本!トリプルメディアの意味&使い方

まずは言葉の意味から理解しておきましょう。

トリプルメディアとは何か

トリプルメディアというのは、「ペイドメディア」「オウンドメディア」「アーンドメディア」という3つのメディアのことを指します。

  • ペイド(Paid)メディア

お金を払ってリーチする広告宣伝メディアのこと。主にオウンドメディアに誘導する。

  • オウンド(Owned)メディア

自社のウェブサイト、ECサイト、ブログ、パンフレット、企業のSNSの公式アカウント等。
自社の事業に関連したコンテンツを発信する役割を担うもの。ユーザーにとって魅力的なコンテンツを発信するのが肝。

  • アーンド(Earned)メディア

マスメディアやユーザー・一般の人を介して情報拡散させ、信頼や評判を獲得する役割を担う。口コミサイトや、「Facebook」「Twitter」「Instagram」などのSNSが代表的。

トリプルメディアは、それぞれ単独に存在しているものではありません。オウンドメディアを中心に、相互に連携している関係が望ましいとされます。

オウンドメディアで発信した情報をペイドメディア、アーンドメディアでたくさんの人に届け、そこからオウンドメディアに集めるというステップを意識して運用していくとよいでしょう。

トリプルメディアの立ち位置と関係性.jpg出典:「今さら聞けないオウンドメディアの意味とは? | 株式会社イノーバ」

「トリプル」に加えてもう一つ登場してきたシェアードメディア

トリプルメディアに加え、「シェアードメディア」という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。4つのメディアの頭文字をとって「PESOモデル」と言われることもあります。

シェアードメディアの意味については複数の解釈があり、「他社との共同」、つまりタイアップするメディアだと説明されることもあります。一方で、トリプルメディアの3つが重なる部分を「シェアードメディア」と分類するケースもあります。

アーンドメディアとほぼ同様の意味合いで使われることもありますが、特にユーザーが「シェア」「拡散」するという部分に特化しているのがシェアードメディアととらえるとわかりやすいかもしれません。

近年、「シェアする」という行為がユーザーにとって一般化しており、情報の拡散経路が大きく変わってきています。例えば、ウエディング業界においては、オーダーメイド感のある結婚式実例や、フォトジェニックなロケーションでのウエディングフォトなど、どんなコンテンツが「シェア」「いいね!」されやすいのかを考え、ユーザーからの「共感」を呼ぶ企画・コンテンツを用意できるかどうかが大きなカギとなっています。

ブライダル業界におけるトリプルメディアの活用法とは

結婚式にどれくらいの費用をかけるのか、規模はどれくらいにするのか、ゲストはどれくらい呼ぶのか、どこで結婚式を開催するのか。挙式はカップル本人たちやその親族など、それぞれのこだわりを反映したバラエティ豊かなものとなってきています。そのため、情報収集フェーズにおいても自分たちのニーズにピッタリ合致する魅力的な式場がないかと真剣に情報を探しています。

できるだけ多くの情報をわかりやすく提供することで、「自分たちの条件に合った結婚式ができる」と思ってもらえる確率を上げていく必要があるでしょう。そこで、「コンテンツを発信」する役割を担っているオウンドメディアが重要となってくるのです。

オウンドメディアの充実が最優先

どれほど自社サイトに集客をしたとしても、最終的に「自分たちの要望に合いそう」と思ってもらえなければ、結局実際の式場への集客や契約につながりません。

まずは、式場でどのような式ができるのかを具体的・かつ魅力的に映るようにオウンドメディアで伝えることを考えましょう。そのうえで、その他のメディアの出番です。

・アーンドメディア/シェアードメディアで拡散する。

例えば、興味を引くコメントともにFacebookやTwitter等にリンクを載せる。「いいね!」「シェア」「リツイート」をたくさんしてもらえれば、芋づる式に多数の人に情報が届く。また、プレスリリースを出して報道機関や大手ニュースメディア等に掲載されれば、拡散力が大きい。

・ペイドメディアでリーチする。

広告を出して多くのユーザーをオウンドメディアに誘導する。さまざまな広告形態があるが、例えば「費用をかけてでも多数の人に見てもらいたい」なら純広告。「興味・関心のある人に効率的に情報を届けたい」ならキーワード広告やSNS広告を出すなど、目的を明確にして広告戦略を立てる。

というように使い分け、多くの人に届けていきます。断片的にではなく、それぞれのメディアの相互作用を意識した有機的な取り組みが必要です。

まとめ

デジタルマーケティングが普及していくなかで、ユーザーへのアプローチは年々厳しさを増してきています。このような時代だからこそ、オウンドメディアに質の高いコンテンツを配し、トリプルメディアを一体としてアプローチをかけることが、プロモーションの成否を分ける重要なポイントになるのではないでしょうか。

関連記事