ホーム > Business > 【ブライダルのお仕事に役立つマーケティング用語】リスティング広告:Web集客に最適な理由

【ブライダルのお仕事に役立つマーケティング用語】リスティング広告:Web集客に最適な理由

Webマーケティングの手法は多数存在しますが、そのなかでも検索エンジンを利用したリスティング広告は、見込顧客にピンポイントで訴求できることから注目されている施策です。これからリスティング広告を始めようと考えている方へ、リスティング広告とはどういうものなのか、どんなメリットがあるのかを噛み砕いて解説します。

リスティング広告とは

まずはリスティング広告の基本を知ることから始めましょう。

リスティング広告の基礎

リスティング広告は検索エンジンマーケティング(SEM)のひとつで、検索連動型の広告です。ユーザーが検索したキーワードに連動して広告が表示されます。Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンの検索結果画面で、上部・下部にあるのが、リスティングの広告枠です。リスティング広告は、広告がクリックされた時点で初めて課金されます。このような料金形態をとる広告をクリック課金型広告(PPC)と呼びます。

検索をする人には「知りたい」「行動したい」という明確なニーズがあるため、ターゲットとなる見込顧客を獲得できるのが特徴です。「エリア名 結婚式場 少人数」「エリア名 結婚式場 チャペルが人気」といったように、キーワードによってターゲットを絞り込みます。

リスティング広告の種類

リスティング広告を提供する事業者は複数ありますが、主要なものはYahoo!が提供する「Yahoo!スポンサードサーチ」と、Googleが提供する「Google AdWords」です。日本ではYahoo!とGoogleの2つの検索エンジンが90%以上のシェアを占めているため、リスティング広告を始めるのなら、この2つから試してみるとよいでしょう。

リスティング広告の3つのメリット

つぎに、リスティング広告を運用するメリット確認しましょう。

狙ったターゲットに、ピンポイントで訴求できる

狙ったターゲットだけに広告を表示し、自社のビジネスと関係のない人には表示しない、ということが可能です。具体的には、市区町村や、式場から〇km以内といったような、商圏に合わせたエリアターゲティングができます。また「結婚式場 アルバイト」「結婚式場 求人」といった、コンバージョンにつながりにくい検索キーワードでは広告を配信しないよう設定することもできます(除外キーワードの設定)。このようにターゲットを絞り込めるので、より顧客になる可能性の高いユーザーを狙って訴求することができるのです。

分析と改善がしやすい

運用データから、実際に検索しているユーザーの志向や関心キーワードを知ることができ、ニーズに合わせてリアルタイムで調整が可能です。キーワードや配信エリアなど、設定した項目ごとに効果測定が可能なため、詳細に結果を把握することができます。充実した運用レポートがあることで、改善点に気づきやすい広告といえます。またSEOとは異なり、訴求ポイントを変えた複数パターンの広告文を表示でき、ABテストをすることが可能なのもメリットです。

低額からでも始められる

クリック課金なので広告がクリックされなければ費用は発生せず、無駄なコストを抑えることができます。1日の予算や上限クリック単価(クリックされたときの費用はこの設定金額を超えません)を自由に設定できるため、低額で運用することが可能です。費用を使い過ぎてしまうリスクが少なく、初めてでも挑戦しやすい施策といえます。

リスティング広告の心得

それではリスティング広告を運用する際のポイントをお伝えします。

リスティング広告の3要素

  • キーワード

リスティング広告において、キーワード選定は要となります。キーワード選定を失敗していれば、ほかにどのような対策をとっても運用の最適化は難しいでしょう。まずは自社が狙いたいユーザーを明確化することが大切です。「エリア名 結婚式場 少人数」「エリア名 結婚式場 チャペルが人気」のように、ターゲットを的確に絞ることを忘れないでください。

  • 広告文

広告文をクリックしてもらい、サイトに訪問してもらわなければ意味がないため、ユーザーの関心を引く広告文を用意しなくてはなりません。どのようなテキストがユーザーに刺さるか、ABテストを重ねて分析し、より効果的な広告文に改善していきましょう。Yahoo!では広告文に検索キーワードを盛り込むと、広告内で該当するキーワードが太字で強調され、より目立たせることができます。

  • ランディングページ

リスティング広告から誘導するランディングページも重要です。ユーザーの欲求を満たす情報が掲載されている必要があり、内容によってユーザーがコンバージョン(問い合わせなど)するかしないかを大きく左右します。また、見づらいサイトや操作性の悪いサイトをユーザーは嫌うため、快適に閲覧できるページであるかも念頭におきましょう。コンバージョン率を上げる対策として、検索キーワードに合わせてリンク先ページを変えたり、通常サイトとは異なる専用のランディングページを用意したりするケースが多いです。

【例1】検索キーワードが「結婚式 料理」なら、料理紹介のページにリンクさせる
【例2】検索キーワードが「結婚式 チャペル」なら、チャペルの写真や説明があるページにリンクさせる

運用のポイント

キーワード・広告文・ランディングページ、この3点には特に注力しましょう。キーワードと広告文、広告文とランディングページ、それぞれにズレがあるとコンバージョンにつながりにくくなってしまうのです。運用の最適化には、根気強く分析と調整を重ね、反応が良くないものは潔く辞める・変更する臨機応変さが必要になります。

費用対効果を重視するならリスティング広告

リスティングは、物やサービスを探しているユーザーに有効な広告です。結婚式場探しも、まずは「どんな式場があるのだろう?」という情報収集から始まるはずです。ユーザーが検索しそうなキーワードを適切に設定し、魅力ある広告文で、目立つ場所からアピールする。これが自社サイトへの訪問数を増やし、認知拡大やコンバージョンの獲得を可能にするのです。広告の費用対効果を重要視している結婚式場にこそ、リスティング広告を試してもらいたいと思います。

関連記事