ホーム > Research > 【「恋人の条件」に関する実態調査】恋人を育てて”理想の旦那”にする女性、半数以上!「レディーファースト」、「ファッションセンス」、「家事」など褒めて伸ばす/「恋人にしたら幸せにしてくれそう!」な男性タレントランキング

【「恋人の条件」に関する実態調査】恋人を育てて”理想の旦那”にする女性、半数以上!「レディーファースト」、「ファッションセンス」、「家事」など褒めて伸ばす/「恋人にしたら幸せにしてくれそう!」な男性タレントランキング

6月12日が「恋人の日*2」であることから、20代~30代の女性101人を対象に「恋人の条件」に関する調査を実施いたしました。

調査で、『「恋人に求める条件」と「結婚相手に求める条件」は同じだと思いますか(単一選択)』という質問をしたところ、「どちらかと言えば、いいえ(35.6%)」、「いいえ(21.8%)」と、合わせて約6割の女性が、恋人と結婚相手には異なった条件を求めていることがわかりました。

また、既婚女性を対象に『現在のパートナーを「理想の結婚相手」にするために、恋人時代に努力をした事がありますか(単一選択)』という質問をしたところ、「はい(51.2%)」と、半数以上の既婚女性が、パートナーを育てる努力をしていたことがわかりました。具体的には、「食事の食べ方とか、女性のエスコート(30代前半)」、「服の趣味が全然ダメだったのを、一緒に買い物に行って、服のセンスを磨いた(30代前半)」と、「レディーファースト」、「ファッションセンス」、「家事」などを中心に努力をしていた既婚女性が多くいる結果となりました。


【調査概要】

表題: 「恋人の条件」に関する実態調査
調査主体: ウエディングパーク(ガールズスタイルLABO)
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2016年5月13日(金)~5月22日(日)
有効回答: 20代~30代の女性 101人

▼サマリー

・恋人には「トキメキ」を、結婚相手には「安らぎ」を!
女性の6割が、「恋人と結婚相手に求める条件は違う」
・恋人を育てて”理想の旦那”に!
既婚女性の半数以上が「恋人を理想の結婚相手にする為に努力した」
・「恋人にしたら幸せにしてくれそう!」な男性タレントランキング
1位はディーン・フジオカ、2位東出昌大、3位鈴木亮平

[調査結果]

女性の6割が、「恋人と結婚相手に求める条件は違う」
恋人には「トキメキ」を、結婚相手には「安らぎ」を求める

調査で、『「恋人に求める条件」と「結婚相手に求める条件」は同じだと思いますか(単一選択)』という質問をしたところ、「どちらかと言えば、いいえ(35.6%)」、「いいえ(21.8%)」と、合わせて約6割の女性が、恋人と結婚相手には異なった条件を求めていることがわかりました。

「恋人に求める条件」と「結婚相手に求める条件」は同じだと思いますか

「恋人と結婚相手に求める条件は違う」と回答した女性からは、恋人には「ドキドキ(=トキメキ)」を、結婚相手には「安らぎ」を求めるという声が挙がり、一方で「恋人と結婚相手に求める条件は同じ」と回答した女性からは、「結婚相手は恋人の延長線上」という声が集まる結果となりました。

【恋人と結婚相手に求める条件は違う!派】※コメント欄より抜粋

・恋人はドキドキを求めるもの。結婚相手は平穏と安定を求めるもの。今まで付き合った人たちも、今振り返ると結婚するには絶対無理!という人も…。今の旦那とはドキドキはあまりないですが、私を良く理解してくれているので、心穏やかな日々を過ごす事ができる(20代後半)
・結婚は2人やその家族と生活していくことなので、2人だけでやる恋愛とはわけが違う(30代前半)
・価値観、お金の感覚が似ていないと結婚生活は続かない。恋人であれば何でもありだと思う(20代後半)

【恋人と結婚相手に求める条件は一緒!派】※コメント欄より抜粋

・結婚相手も恋人も、一緒にいて疲れない、自然な人じゃなきゃダメだから(30代前半)
・恋人の延長線上に結婚があるから。付き合っていて楽しくない人とは結婚できない(30代前半)
・好きから変わっていくから(20代後半)

恋人を育てて”理想の旦那”に!
既婚女性の半数以上が「恋人を理想の結婚相手にする為に努力した」

既婚女性を対象に『現在のパートナーを「理想の結婚相手」にするために、恋人時代に努力をした事がありますか(単一選択)』という質問をしたところ、「はい(51.2%)」と、半数以上の既婚女性が、パートナーを育てる努力をしていたことがわかりました。

具体的には、「食事の食べ方とか、女性のエスコート(30代前半)」、「服の趣味が全然ダメだったのを、一緒に買い物に行って、服のセンスを磨いた(30代前半)」と、「レディーファースト」、「ファッションセンス」、「家事」などを中心に努力をしていた既婚女性が多くいる結果となりました。

「理想の結婚相手」にするために、恋人時代に努力した事がありますか

【”理想の旦那“を目指して!涙のパートナー育成エピソード】※コメント欄より抜粋

・食事の食べ方とか、女性のエスコート(30代前半)
・服の趣味が全然ダメだったのを、一緒に買い物に行って、服のセンスを磨いた(30代前半)
・家事を積極的に手伝ってくれるように、とにかくやってくれたら褒めた(30代前半)
・記念日ごとに旅行やプレゼント、両親に頻回に合わせて仲良くなってもらい、親族に溶け込むようにした(20代後半)
・かなりのケチだったので、使うところではきちんとお金を使わなければならないということを、長い交際期間の中で教えていった(30代後半)

「恋人にしたら幸せにしてくれそう!」な男性タレントランキング
1位はディーン・フジオカ、2位東出昌大、3位鈴木亮平

調査で、『「恋人にしたら、幸せにしてくれそう」な芸能人を教えてください(複数回答)』という質問をしたところ、1位になったのが幅広い女性から圧倒的な支持を得ている「ディーン・フジオカ(32票)」、2位が最近双子が生まれ幸せいっぱいの「東出昌大(28票)」、そして3位が、プラベートでは「イクメン」と噂されている「鈴木亮平(27票)」となり、「安心感」、「誠実」、「優しそう」など、安心して気持ちを任せられるイメージが強い男性芸能人が上位にランクインする結果となりました。

「恋人を幸せにできそう」芸能人ランキング

【この人の恋人になったら幸せ!な男性芸能人エピソード】※コメント欄より抜粋
<ディーン・フジオカ>

・安心感を持てそう(30代後半)
・家族を大切にしてそうなので(20代後半)
・奥様に優しそう。奥様一番で考えたり、接したりしてくれそう(30代後半)

<東出昌大>

・杏ちゃんが幸せそうだから、良い旦那さんだなと思った(30代前半)
・誠実そうだから(30代前半)
・杏ちゃんとの夫婦関係がよさそう(20代後半)


・優しそうだし、奥様に対してラブラブなイメージがある(20代後半)

・見ているだけでいい(30代前半)
・優しそう(30代後半)

○ガールズスタイルLABO(GSL)調査リリース
今まで公開した調査リリースは「ガールズスタイル LABO」公式HPで公開しております。
https://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/index.html
※1 ガールズスタイルLABO(GSL)http://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/
恋愛・結婚・仕事など、それぞれのシーンで多様な選択肢をもつ大人女子たちが、自分らしく人生を楽しむためのトレンド情報を調査・発信しています。
※2 恋人の日
1988年に全国額縁組合連合会により、6月12日を「恋人の日」と制定。ブラジルでは、この日に家族や友人、恋人など大切な人にフォトフレームを送りあう習慣があるとされている。

関連記事