ホーム > Research > 【「女性同士のコミュニケーション」に関する実態調査】女性同士の格付け(マウンティング)、2人に1人が体験者 /「女性同士のコミュニケーションは気を使う」は8割以上

【「女性同士のコミュニケーション」に関する実態調査】女性同士の格付け(マウンティング)、2人に1人が体験者 /「女性同士のコミュニケーションは気を使う」は8割以上

20代~40代の女性122人を対象に『女性同士のコミュニケーション』に関する調査をおこないました。

『女性同士のコミュニケーションで気をつけていることはありますか(単一選択)』という質問に8割以上の女性が「はい」と回答、一方で『女性同士のコミュニケーションは男性とのコミュニケーションよりも気を使いますか(単一選択)』という質問でも、約8割の女性が「はい」と答えており、多くの女性が女性同士のコミュニケーションで気を使っていることがわかりました。

また、ドラマ「ファーストクラス」で話題になった「マウンティング女子(自分の方が相手より上ということを、直接的ではなく、それとなく誇示する女子のこと)」の調査を行ったところ約5割が「マウンティングされた事がある」と回答、女性の2人に1人がマウンティング体験者であることがわかりました。一方、マウンティングを自ら仕掛けたことがある女性は約3割いることがわかりました。

【調査概要】

表題: 「女性同士のコミュニケーション」に関するアンケート
調査主体: ウエディングパーク(ガールズスタイルLABO)
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2014年8月14日(木)~8月21日(木)
有効回答: 20代~40代の女性 122人

▼サマリー

・「女性同士のコミュニケーションは男性よりも気を使う」は8割以上。
円滑に進めるコツは「共感・同意」「適度な距離感」「褒める」
・女性同士の格付け(マウンティング)、2人に1人が体験者。
自らマウンティングを仕掛けた女性は約3割。
・「身近に敵に回すと怖い女性がいる」は約7割。
「周りへの影響力が強そうな女性は敵に回したくない!」の声も

[調査結果]

■「女性同士のコミュニケーションは男性よりも気を使う」は8割以上。円滑に進めるコツは「共感・同意」「適度な距離感」「褒める」

『女性同士のコミュニケーションで気をつけていることはありますか(単一選択)』という質問に8割以上の女性が「はい」と回答、一方で『女性同士のコミュニケーションは男性とのコミュニケーションよりも気を使いますか(単一選択)』という質問でも、約8割の女性が「はい」と答えており、多くの女性が女性同士のコミュニケーションで気を使っていることがわかりました。女性同士のコミュニケーションで気をつけていることはありますか

女性同士のコミュニケーションは男性とのコミュニケーションよりも気を使いますか

▼「女性同士のコミュニケーションは男性よりも気を使う!」理由※フリーアンサーより一部抜粋

・女性は、顔は笑っていても内心すごく怒っている時がある(20代後半)
・男性とのコミュニケーションほど単純ではない。思っていることを言ってくれなかったり、一度の失敗を根に持たれたりする(30代後半)
・嫉妬や対抗心を持つ場合が多い。噂話が好きで、悪い噂をすぐに流しがち(30代前半)
・女性は結構しっかり見ていて、1度信頼が失われると取り戻すまで大変(30代前半)
・根に持たれるとずっと続くし、他の人に伝わって更に拡大する(20代後半)

また「女性同士のコミュニケーションで大切なことはなんですか(自由回答)」という質問では『共感・同意』『適度な距離感』『褒める』を含む回答が多く寄せられる結果となりました。

▼「共感・同意」

・共感が大切。愚痴への共感の場合は、「それはびっくりしたね」「ショックだね」と、相手の気持ちに共感することも、後あとのトラブルを避けるために大切(30代前半)
・話を否定しない。もし、否定する場合でも相槌の最初に「そうだよね。でも」とワンクッション入れるようにする(30代前半)

▼「適度な距離感」

・相手のプライバシーに踏み込み過ぎないこと(20代前半)
・昔からの仲の良い友達なら何でも言い合えてあまり気を遣わないが、ママ友などは深入りしすぎないようにいい距離を保つように心がけている(30代前半)

▼「褒める」

・なるべく、誉めるように話す。いい気分にすることで、話が楽しくなる(20代後半)
・相手を褒めること。相手を持ち上げること(30代前半)

■女性同士の格付け(マウンティング)、2人に1人が体験者。自らマウンティングを仕掛けた女性は約3割

「マウンティング女子(自分の方が相手より上ということを、直接的ではなく、それとなく誇示する女子のこと)」の調査を行ったところ約5割以上が「マウンティングされた事がある」と回答、女性の2人に1人がマウンティング体験者であることがわかりました。一方、マウンティングを自ら仕掛けたことがある女性は約3割いることがわかりました。マウンティングをされた経験がありますかマウンティングをした事がありますか

▼「マウンティング」された女性の体験談※フリーアンサーより一部抜粋

・玉の輿で、ブランド物で全身を固めるようになった友人。人が身に付けているブランド品を見て「それ○○?ふーん、かわいいね。(あたしの付けている●●のほうが格上だけどね)」という言葉の裏がビンビン伝わってきた(30代前半)
・結婚を焦っていた友人。仲間内で一番早く結婚が決まり「結婚はまだ焦らんでいいよ~」と一言。みんなドン引き(30代前半)
・友人に「偉いよね、料理とかお弁当とか作って。」と言われたので「そんなことないよー」と返すと、「フルで働きながら無理だもん!」と言われた。私は専業主婦、彼女はフルで働いている独身。(20代後半)

▼「マウンティング」を自ら仕掛けた女子の体験談※フリーアンサーより一部抜粋

・腹が立った時に「自分は相手よりも上である」ということを意識しながら発言して威嚇することがある(20代前半)
・後輩なのに明らかに、偉そうな人や、私をバカにしてくる人には締めるためにも態度で示す(20代後半)
・彼氏ができた時、結婚する時など、彼氏なしや未婚の友達の前で「幸せオーラ」を出した(20代後半)

「身近に敵に回すと怖い女性がいる」は約7割。「周りへの影響力が強そうな女性は敵に回したくない!」の声も

『職場や友人で「敵にしたくない」もしくは「敵にすると怖い」と思う女性はいますか(単一選択)』という質問をしたところ約7割が「はい」と回答、該当する女性のタイプを聞いたところ「上司/リーダー」「気が強い」「噂好き」など、「周りへの影響力が強そうな女性」を敵に回したくない/怖いと思う女性が多いことがわかりました。また『女性同士のコミュニケーションで怖い思いをしたことがありますか(単一選択)』という質問では半数以上の女性が「はい」と回答する結果となりました。職場や友人で「敵にしたくない」もしくは「敵にすると怖い」と思う女性はいますか女性同士のコミュニケーションで怖い思いをしたことがありますか

▼職場や友人で「敵にしたくない」もしくは「敵にすると怖い」と思う女性※フリーアンサーより一部抜粋

・気が強く、集団の中でも一目置かれるリーダー的な女性。周りへの影響力が凄そう(20代後半)
・独身の上司で仕事しか充実してなくて、プライベートが寂しい人。その人の前で「プライベートが楽しみだね!」等の話はできない(20代後半)
・いつも無表情で気が強い女性。すぐにイライラして物に当たるので怖くて敵にまわしたくない(30代前半)
・何も怖いものがないみたいで、なんでもずけずけ言う、おばちゃん根性丸出しの女性(30代前半)
・自分の一派を作りたがる女性。悪口ゴシップ大好きな女性(30代前半)

○ガールズスタイルLABO(GSL)調査リリース
今まで公開した調査リリースは「ガールズスタイル LABO」公式HPで公開しております。
https://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/index.html
※1 ガールズスタイルLABO(GSL)http://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/
恋愛・結婚・仕事など、それぞれのシーンで多様な選択肢をもつ大人女子たちが、自分らしく人生を楽しむためのトレンド情報を調査・発信しています。

関連記事