ホーム > Research > 【実態調査「20代30代働く女性の結婚観」 Part2】働く女性の約7割が「会社の柔軟さや福利厚生」を望み、「結婚・出産後も活躍している女性のロールモデル」に期待していることが明らかに

【実態調査「20代30代働く女性の結婚観」 Part2】働く女性の約7割が「会社の柔軟さや福利厚生」を望み、「結婚・出産後も活躍している女性のロールモデル」に期待していることが明らかに

総務省の労働力調査によると、2013年の職を持たず職探しもしていない「非労働力人口」が22年ぶりに減少に転じました。「非労働力人口」は、バブル崩壊後、人口の高齢化で一貫して増え続けていましたが、今後、「非労働力」だった女性や高齢者が「労働力」に加わっていけば、日本の潜在成長力を下支えすると期待されています。

そこで20代30代の女性300名を対象に「働く女性の結婚観」に関する実態調査をおこないました。

【調査概要】

表題: 「働く女性の結婚観」に関する実態調査
調査主体: ガールズスタイル LABO(GSL)
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2014年3月28日(金)~2014年3月31日(月)
有効回答: 20代30代の女性300名(未婚150/既婚150)

▼サマリー

・働く女性の約7割が「会社の柔軟さや福利厚生」を望み、「結婚・出産後も活躍している女性のロールモデル」に期待していることが明らかに
・働く女性の約7割が「今の仕事は好き」 「やりがい」「能力発揮」「自分のペース」が3大理由に
・20代30代の働く女性「仕事集中派」「バランス重視派」「プライベート充実派」の割合均等に。現状に満足して働く女性は約6割

[調査結果]

■働く女性の約7割が「会社の柔軟さや福利厚生」を望み、「結婚・出産後も活躍している女性のロールモデル」に期待していることが明らかに

『女性が活躍できる会社のイメージ(複数選択)』を聞いたところ、「結婚・出産後も活躍している女性社員(ロールモデル)がいる(67.3%)」、「育児休暇等の福利厚生が充実している(65.7%)」となり、働く女性の約7割が「会社の柔軟さや福利厚生」を望み、「結婚・出産後も活躍している女性のロールモデル」に期待していることが明らかになりました。また、『あなたが働いている会社は女性が活躍できる会社ですか(単一回答)』という質問には、6割が「はい」と回答する結果となりました。     現在、あなたが働いている会社は女性が活躍できる会社ですか「女性が活躍できる会社のイメージ」としてあてはまるものを教えて下さい

<「女性が活躍できる会社」のイメージ>※フリーアンサーより一部抜粋

【結婚出産後も活躍している女性社員(ロールモデル)がいる】

・出産後も職場に戻ってくる社員が多い。その際、パートや契約、勤務地限定などの働き方を選択し、家庭との両立ができていると感じるから(27歳)
・出産後も短時間勤務を利用し、働き続けている人がたくさんいる(37歳)
・職場の9割は女性。託児を使いながら仕事を続けている人もいるので、出産してからも復帰するのが当たり前の風潮(27歳)

【会社の柔軟さや福利厚生】

・結婚、出産後に復帰している人が増えて、裁量労働なども柔軟に対応してくれている(37歳)
・会社の福利厚生もしっかりしているので、働きやすいし、実際にそういう人がたくさんいるから安心できる(23歳)

■働く女性の約7割が「今の仕事は好き」 「やりがい」「能力発揮」「自分のペース」が仕事が好きな3大理由に

『現在のお仕事はお好きですか。(単一回答)という質問に、「好き(24.0%)」「どちらかといえば好き(42.0%)」と合わせて約7割が自分の仕事を好きだということがわかりました。また「やりがいがある」「自分の能力が発揮できる」「自分のペースでできる」が「今の仕事は好き」な大きな理由である事がわかりました。

現在のお仕事はお好きですか

<現在の仕事が好きな理由>※フリーアンサーより一部抜粋

【やりがい】

・好きなことに携われていてやりがいを感じる(31歳)
・人に自慢できる企業で働いているから(26歳)
・自分の夢の職業だから(30歳)

【能力発揮】

・自分の好きなこと、興味のあることを仕事にできているから(29歳)
・趣味で得た知識を存分に生かすことができる(33歳)
・自分の能力が発揮できていると思うし、取引先の方にも満足してもらえているので(29歳)

【自分のペース】

・まだあまり利益は出ていないが、満員電車に乗る必要もなく、自分の好きなように時間を使えるので(35歳)
・毎日定時で帰社できるので(38歳)
・職場環境もよく、介護休暇や産休などが取りやすい環境だから(23歳)

■20代30代の働く女性「仕事集中派」「バランス重視派」「プライベート充実派」の割合均等に。現状に満足して働く女性は約6割

『あなたの仕事とプライベートのバランスをお答えください。(単一回答)』という質問に、「仕事中心(4.7%)」「やや仕事中心(29.0%)」と「仕事集中派」が33.7%、「仕事とプライベートのバランスは均等」の「バランス重視派」が32.3%、「ややプライベート中心(22.3%)」「プライベート中心(11.7%)」と「プライベート充実派」が34.0%とそれぞれほぼ均等な割合に。また『仕事とプライベートのバランスについて満足していますか(単一回答)』という質問には「満足している(23.7%)」「どちらかといえば満足している(35.7%)」と合わせて59.4%と約6割が現状に満足していることがわかりました。仕事とプライベートのバランスを教えて下さい仕事とプライベートのバランスについて満足していますか

<仕事とプライベートのバランスに満足している人のコメント>※フリーアンサーより一部抜粋

【仕事集中派】

・仕事が自身の一部だから(34歳)
・仕事が楽しいので、プライベートも楽しめる(26歳)
・仕事の比重が重いのは精神的に少しきついことがある。それでも、自分の仕事が世の中の誰かの役に立っていると思うので満足している(27歳)

【バランス重視派】

・OnとOffがはっきりしているので、予定も立てやすく、残業はほぼないので、仕事が終わってからも予定をいれやすい。(27歳)
・どちらも比較的バランスがいいから。もっと金銭的に余裕があったらなお良い。(33歳)
・残業することなく定時で帰れるため、子供との時間を過ごすことができるから(38歳)

【プライベート充実派】

・一日6時間の仕事なので、あとは、家事ややりたいことにあてられるから(38歳)
・プライベートが第一。休みたい時に休める職場で満足(33歳)
・育児しながらなので今のスタンスは助かる(28歳)

○ガールズスタイルLABO(GSL)調査リリース
今まで公開した調査リリースを一部ご紹介いたします。

・理想のイクメン芸能人ランキング 1位「つるの剛士」2位「杉浦太陽」3位「土田晃之」
6割以上の女性が「旦那はイクメン!」と回答
http://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/2014/05.html
・かかあ天下派が6割、亭主関白派は4割。夫婦円満の秘訣は「一緒に○○する」「記念日は必ずお祝い」「挨拶する」。守らなければ罰金も?
http://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/2013/10.html
・未婚女性の約8割、既婚女性の約6割が「元カレの投稿内容チェックORアクションを起こした経験アリ!」と回答
http://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/2012/10.html
※1 ガールズスタイルLABO(GSL)http://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/
恋愛・結婚・仕事など、それぞれのシーンで多様な選択肢をもつ大人女子たちが、自分らしく人生を楽しむためのトレンド情報を調査・発信しています。

関連記事