ホーム > Research > 【実態調査「結婚相手に求める条件」 Part1】既婚女性の4割「恋人と結婚相手に求める条件は違う」結婚相手には「安らぎ」を求める/恋愛経験が豊富なほど、100%理想の相手には出会えない!?

【実態調査「結婚相手に求める条件」 Part1】既婚女性の4割「恋人と結婚相手に求める条件は違う」結婚相手には「安らぎ」を求める/恋愛経験が豊富なほど、100%理想の相手には出会えない!?

既婚女性205名を対象に「結婚相手に求める条件」に関する実態調査をおこないました。
『「恋人に求める条件」と「結婚相手に求める条件」は同じでしたか(単一回答)』という質問に約4割が「違う」と回答。また『具体的に違っていた条件』を聞いたところ、恋人には"顔がタイプか" "身長が高いか" "オシャレか"などの「ルックス」、そして"一緒にいて刺激になるか"など「トキメキ」を求め、一方で結婚相手には「安らぎ」を求めるという回答が多く集まりました。

【調査概要】

表題:
「結婚相手に求める条件」に関する実態調査
調査主体:
ガールズスタイルLABO
調査方法:
インターネット調査
調査期間:
2014年2月18日(火)~2月27日(木)
有効回答:
20代~50代の既婚女性 205名

▼サマリー

・既婚女性の4割「恋人と結婚相手に求める条件は違う」
恋人には「ルックスとトキメキ」を、結婚相手には「安らぎ」を求める
・結婚相手に求める条件 上位は「性格・価値観が合う」「思いやり/優しさ」「経済力」「家庭的」
他には「ケンカで勝てそうな相手」「週末婚が可能」「タバコを吸わない」との声も
・恋愛経験が豊富なほど、100%理想の相手には出会えない!?
交際人数1人~3人と9人以上比較で、結婚相手に満足度している人の割合が2割減

[調査結果]

■既婚女性の4割「恋人と結婚相手に求める条件は違う」
恋人には「ルックスとトキメキ」を、結婚相手には「安らぎ」を求める

「恋人に求める条件」と「結婚相手に求める条件」は同じでしたか(単一回答)』という質問に「はい(同じだった)」と答えた人は59.5%、「いいえ(違っていた)」と答えた人は40.5%と、約4割が「恋人と結婚相手に求める条件が違っていた」事がわかりました。また『具体的に違っていた条件』を聞いたところ、恋人には"顔がタイプか" "身長が高いか" "オシャレか"などの「ルックス」、そして"一緒にいて刺激になるか"など「トキメキ」を求め、一方で結婚相手には「安らぎ」を求めるという回答が多く集まりました。

「恋人に求める条件」と「結婚相手に求める条件」は同じでしたか(単一回答)

<具体的に違ったポイントは?>

・恋人はほぼ、見た目だけで選び、結婚した人は人格や性格が合うかどうかなどを慎重に選んだ。(30代前半)
・恋人には、ドキドキ感を。結婚相手には、安らぎを。(20代後半)
・恋人には、ドキドキ感や見た目のかっこよさ。結婚する相手は安心感、優しさ、経済力。(30代前半)
・恋人→自分のほうが好きで、追いかける。結婚相手は→相手に愛される(30代前半)
・恋人との関係に求めるのは刺激、ワクワク、ドキドキ、切なさ。結婚相手に求めるのは思いやり、落ち着き、安らぎ、譲れない価値観が一緒かどうか。(30代前半)
・恋人に求める条件は、外見やどれだけ自分と一緒にいてくれるかなど、その時が楽しかったり、寂しくなかったりと目先しか考えてなかった。結婚相手に求める条件は、真面目さや内面的な魅力とともに、長年一緒にいて安心できるかなど、正反対な条件だったかもしれません。(30代前半)

■結婚相手に求める条件 上位は「性格・価値観が合う」「思いやり/優しさ」「経済力」「家庭的」
他には「ケンカで勝てそうな相手」「週末婚が可能」「タバコを吸わない」との声も

『結婚前に求めていた「結婚相手の条件」を選択してください(複数選択)』という質問をしたところ、「性格・価値観が合う(83.4%)」が一番多く、次に「思いやり/優しさ(80.0%)」、「経済力(60.0%)」、「家庭的(家事育児に協力的、家族を大切にする)(59.5%)」が上位を占める結果となりました。次に、3割上の人が「容姿(35.6%)」を重視する一方で「学歴(22.0%)」「体の相性がいい(20.5%)」を条件として選んだ人は2割程度であることがわかりました。その他の条件では「万が一、ケンカしても、どうにかして自分が勝てるか、引き分けに持ち込めそうな相手(30代後半)」、「運動をしていて、タバコを吸わないひと。(20代後半)」、「地元が近い。週末婚が可能。(30代前半)」という回答が寄せられました。

結婚前に求めていた「結婚相手の条件」を選択してください(複数選択)

■恋愛経験が豊富なほど、100%理想の相手には出会えない!?
交際人数1人~3人と9人以上比較で、結婚相手に満足度している人の割合が2割減

『今までお付き合いした人数を教えて下さい(単一回答)※現在の配偶者を含む』という質問では、「1人~3人(41.0%)」と答えた人が一番多く、続いて「4人~6人(38.0%)」、「7人~9人(11.6%)」、「9人~11人(5.9%)」、「12人~14人(1.5%)」、「15人以上(2.0%)」という結果になりました。 また、「付き合った人数」で「結婚相手への満足度」を比較してみると、付き合った人数が1人~3人の人の15.5%が「相手への満足度は50%以下」と回答。この割合は付き合う人数が増えるにつれて、増加し、「4人~9人」だと17.6%、「9人以上」では31.6%と付き合う人数が多くなるにつれて、結婚相手への満足度が減少することがわかりました。現在の結婚相手が「80%以上理想」と回答した人の割合は、交際人数1人~3人と9人以上比較で、2割少ないことがわかりました。今までお付き合いした人数を教えて下さい(単一回答)※現在の配偶者を含む

付き合った人数と、結婚相手への満足度の関係

○ガールズスタイルLABO(GSL)調査リリース
今まで公開した調査リリースを一部ご紹介いたします。

・独女の約7割が初対面の男性の薬指をチェックしている!既婚者の3割以上が結婚指輪をつけていないという結果に。
http://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/2013/08.html
・かかあ天下派が6割、亭主関白派は4割。夫婦円満の秘訣は「一緒に○○する」「記念日は必ずお祝い」「挨拶する」。守らなければ罰金も?
http://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/2013/10.html
・未婚女性の約8割、既婚女性の約6割が「元カレの投稿内容チェックORアクションを起こした経験アリ!」と回答
http://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/research/2012/10.html
※1 ガールズスタイルLABO(GSL)http://www.weddingpark.net/girlsstylelabo/
恋愛・結婚・仕事など、それぞれのシーンで多様な選択肢をもつ大人女子たちが、自分らしく人生を楽しむためのトレンド情報を調査・発信しています。

関連記事